日報やチェックシートをエクセルで集計しよう。VBAなんて不要です

2020年05月04日

毎日部下から届く日報を手動でエクセルに転記するのはどう見ても非効率です

会社で日報や、報告書、チェックシートなどの提出を受けるあなたへ聞きます。日報やチェックシートをどのような形で受け取っていますか?

  • メールに添付して日報を送られてくる
  • 手書きの日報が机に置かれている
  • LINEやSlackで直接報告を受けている

様々なパターンで日報やチェックシートの報告を受けていませんか?届いた報告書を読み、必要に応じてエクセルシートにデータをまとめる必要もあるかもしれません。 スタッフが20名いたとすれば、10日間の報告だけで200件にも登るデータ。決して楽ではないはずです。提出を忘れたスタッフがいないかを確認するのも無駄な神経を使います。

私は魔法使いではありませんが、あなたの仕事を楽にすることができます。

200件の日報を一瞬で1枚のエクセルシートにまとめます。あなたの代わりに

日報やチェックシートは、1枚1枚、独立しているのでまとめるのが非常に面倒でした。 少し知識があれば、エクセルVBAなどを使ってバラバラに分かれているエクセル日報を1枚のエクセルシートにまとめることもできるでしょう。 でも多くの人はそのような知識もない上に、それが本業ではありません。餅は餅屋という言葉があるように、日報の管理は日報管理システムで解決です。
苦労してまとめたエクセルシートも、日報システムなら

ほら、この通りかんたんです。(下動画をどうぞ) これは魔法ではなく、ただのシステムです。しかしあなたの仕事を楽にすることができます。VBAとかそういうものは一切不要です。でも最低限のエクセルのスキルは持っていたほうが便利です。
例えば特定の部下の日報だけを抜き出したり、金額の多い順に並べ替えるといった機能はエクセルの使い方がわからないと、使えません。

エクセルが使えない人もおまかせ。日報集計だけならエクセルも不要です

理想を言えばエクセルによる日報集計のほうが優れています。しかし手軽さや、エクセルが使えない人にとっては今からご紹介する、Nipoによる日報の集計機能でも十分に役に立つはずです。

例えば営業日報に、「売上・距離・件数」といった集計対象項目があったとします。 スタッフが営業日報に書いた売上や距離といったデータを自動で集計して、データテーブル化して表示します。更にグラフ化も同時に行われます。上図は折れ線グラフで1名のスタッフを細かく集計した例ですが、実はもう一つあります。

今度は棒グラフがでてきました。スタッフ全員の入力データを棒グラフとデータテーブルで表示しています。

もちろん、これらのデータはエクセルでも作成できます。

提出漏れのチェックもサポートしています。あなたの代わりに提出簿を作ります

だから言ったでしょう。私は魔法使いではありませんが、あなたの仕事を楽にすることができます。 この提出簿もその一つ。日報やチェックシートの提出状況をひと目で把握できます。

アイコン
今すぐ無料で始められます

同じタグのついた記事一覧です